メーカー仕入れとせどりのメリット・デメリットとは

どうも、毎度お馴染み『せどりのゆうちゃん』です!(^^)!

今回はメーカー仕入れとせどりのメリット・デメリットについて書いていきたいと思います~

メーカー仕入れをやってみた人は「メーカーが全然相手にしてくれない」「メーカーから見積もりをもらえたけど利益が全然でないじゃねえか(泣)」など経験をしたことがあると思います。

メーカー仕入れをやったことがない人は「営業の経験もないし、どこのメーカーに交渉すれば良いかわかんないよ」「いつかは、きっといつかはメーカー仕入れしてみたいんだけどな・・。でもできてない」

せどりよりも最初は成果が出にくく、時間がかかるメーカー仕入れをなぜわざわざ『せどりのゆうちゃん』は始めたのか?(ドMだからじゃないですよ~)

『せどりのゆうちゃん』とせどりを強めに押し出した名前のくせに、なぜせどりから浮気してメーカー仕入れを始めたのか?(今じゃ本命がメーカー仕入れ、浮気相手がせどりになりそう~。ムフフ♪)

メーカー仕入れとせどりのメリット・デメリットを比べてみると、メーカー仕入の良さがわかってくるかもですよ♪

メーカー仕入れとは


まずせどりとはみなさんご存じの通り、店舗・ネットショップ(いわゆる小売店ですね)から商品を仕入れて、AmazonなどのECサイトで販売することですよね~。

では肝心のメーカー仕入れとは?というとメーカー・卸業者・問屋から商品を仕入れするということです。

せどりでは考えにくい話ですが、メーカー仕入れではメーカーから契約書が送られてきてそこに必要事項を記入したり、実際にメーカーの担当者の方と会ったり(恥ずかしがり屋の『せどりのゆうちゃん』としてはしんどい・・) と大きく違います。
仕入先のリサーチ法もせどりとメーカー仕入れでは全く違います

今後の記事でも詳しく書いていこうと思いますが、正直せどりで成果を上げている人も全然上がらない人も、せどりとメーカー仕入れは全く違うので、横一線のスタートだと思います。

ここでさっそく「個人で天下のメーカー様から仕入れなんてできるのかよ!この嘘つきブタ野郎が」と思う方がおられるかもれませんが、結論からいうと「余裕でできます!」

本日も新規メーカーさんと1社契約しました(*^_^*) ルンルン~♪

メーカー仕入れのメリット

メーカー仕入れを実際に行っている人もまだメーカー仕入れを行っていない人もメーカー仕入れのメリット・デメリットはしっかり把握しておきましょう^o^

今の自分にメーカー仕入れが本当に合っているのかわかると思いますよ♪

まずメリットからいっちゃいましょう!

安定した仕入れ

メーカー仕入で仕入れられた商品が売れて在庫がなくなっても、電話1本もしくはメール1通でお家でゴロゴロしていても在庫補充ができる♪
このメーカー仕入れのメリットやばくないですか?

ダメ人間になりそうで、逆にデメリットかも(-_-;)

社会的信用

せどり=転売 メーカー仕入=正規ルートからの仕入なので客観的な聞こえはメーカー仕入れの方が良いと思います。

メーカー仕入れの大きなメリットだと個人的に思います((+_+))

参入障壁があると思われがち

上述したように「メーカーは一個人なんて相手にしてくれない」と思う人が多かったり、せどりのようにその日のうちに利益商品を仕入れられず、結果が最初は出ないので辞めてしまう人も多いです。

個人的にはすぐ辞めてしまう人まじ感謝 まじあざっす~♪

メーカー仕入れのデメリット

続いてメーカー仕入れのデメリットですが、ここは特にまだ仕入れ資金が少ないよ~って方はしっかり読んでほしいです!(^^)!

現金仕入れ

現金払いしかできないのはカード払いを得意としている我々せどらにーとっては痛い(+_+)

カードならポイントがついたり分割ができたりするので、デメリットですが、1万円ぶんくらいから仕入れられるメーカーも多いです!(^^)!

ちなみに月末締め・翌月払いのメーカー(→要は今月買った分の代金は来月払ってね~)や時折ですがカード払いできるメーカーもあります。

ロット数

メーカー仕入れは例えば10個以上など最少の仕入数・ロット数をメーカー側が決めています。

「1個から仕入れたいよ~。」と思ってもこちらでコントロールできません。

また1個から仕入れることができるメーカーもありますが、何円以上購入で送料無料などという条件もあり、1個の仕入れは全然おいしくありません。

時間

メーカー仕入のメリットのところで書きましたが、メーカー仕入をはじめて1日でいきなり契約をとるのは難しいので多少時間がかかるのがデメリットでもあります。

最初上手くいかなくても必ず正しい方向性で行えば、せどりでなかなか上手くいかない人でも、問題なくメーカー仕入はできます!

せどりのメリット・デメリット

メーカー仕入れのメリットがせどりのデメリットにメーカー仕入れのデメリットがせどりのメリットになることが多いと思うので簡単に説明していきますね~

せどりのメリット

・1個から購入可能なことがほとんどで、在庫をかかえにくいまたカードもほぼほぼ使えるので、かなり少ない資金からでも始められますね~

始めた当日から利益を十分出すことが人によっては可能。見込み利益ですが、稼いでいる実感はありモチベーションになりますし、飽き性の人にとればかなりメリットです!

ちなみに『せどりのゆうちゃん』はせどりを始めて数週間は利益が全く出ず・・

半泣きになりながら某Y田電機(EなりKずき君やT橋N子のCMでお馴染みですよね~)で1日中美容家電コーナーをうろついてました
ほぼ不審者(-_-;)

せどりのデメリット

仕入れが不安定になりがち。店舗せどりでも電脳せどりでもリピートして仕入れることは簡単ではないですよね。リピートできるものは出品者が増えて価格競争が起こったり中々のデメリットです(-_-;)
またこんな規約があります。画像をクリックすれば拡大できますよ~

引用:AMAZONセラーセントラルコンディションガイドライン

要はフリマアプリで個人出品の商品を購入してAmazonで販売したり、電脳せどりでのAmazon刈取り(Amazonで買ってAmazonで再販する手法)したものを新品販売するのは禁止ってことですね

リーマンせどらーテツオ
「Amazon君の鬼畜~。人でなし!」「Amazon刈取りしたものは中古で出さないといけないのかよ・・」

ちなみに周りでAmazon刈取り商品を新品で販売してAmazonからアカウントの停止や閉鎖を食らった人はいません(ただし刈取りを行う方は自己責任でお願いします)

萌え系せどらー萌美ちゃん
「Amazon君優しいとこあるじゃん。ツンデレだったんだ~」「萌え萌えキュン♥」

・転売というと聞こえが悪い。
最近では有名アイドルグループのコンサートチケットが高値で転売されて問題になったり、転売=悪になってますよね。

個人的にはコンサートチケットの問題は良くないとは思いますが、せどりのように基本的に定価よりも安い価格でお客様に販売したりするのは良いと思います!

でも2018年6月よりAmazonがバンダイやタカラトミー、富士フィルムに出品制限をかけたり、過去にも他メーカーの商品に出品制限がかかったりしてますよね(-_-;)

なぜかすぐ出品制限が解除できたり、そもそも出品制限がかからない人がいたりでしたが、すごく怖い・・ 「やっぱ鬼畜だった」

まとめ


メーカー仕入れとせどりのメリット・デメリットを簡単に紹介してみましたがみなさんいかがだったでしょうか?

どんな物事でもメリット・デメリットはあるものですよね。
例えば資金があまりない人はせどりから挑戦してみたり、Amazonのメーカー出品制限が怖いって方はメーカー仕入れに挑戦してみたり各々の考え方の違いもあると思います。

でも今のAmazonはじめヤフーショッピングなど大手ECサイトは転売に規制をかけ締め出す方向というのは間違いないのでメーカー仕入れに取り組んでいくべきだと思います。

今後メーカー仕入れの方法なども記事にしていくので楽しみにしていてくださいね~

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください